2017年6月30日

EUNICシンポジウム

「持続可能な建築、スマートシティを超えて:都市空間の人間性回復に向けて」

ヨーロッパ9か国から建築家が来日し、日本の建築家とともに、より居心地のよい都市空間をどのように作っていくのかを探ります。ベルギーフランダースからは建築家兼エンジニアのリオネル・デヴリーゲル (Lionel Devlieger)が参加。ゲント大学で建築史、建築学を学び、共同経営者と設立したRotorとして数々の研究、展示、デザインプロジェクトに関わっている。今回7月8日(土)14:00~開催されるパネルディスカッションに登壇、また学生とともにワークショップを行う。

日時:7月8日(土)13:00ー19:30
    7月9日(日)11:30ー13:30

場所:慶應義塾大学 三田キャンパス 北館ホール
入場無料(要申込み)=お申し込みはコチラをクリックしてください

詳細については下記をご覧ください。
持続可能な建築、スマートシティを超えて:都市空間の人間性回復に向けて





2017年6月1日

バルトルト・クイケン&渡邊順生            J.S.バッハフルート作品全曲演奏会

                                  Barthold Kuijken©Dany Neirynck

6月3日(土)よりチケット先行販売がスタートします!
フラウト・トラヴェルソ(バロック・フルート)の第一人者バルトルド・クイケンと、バッハ研究において日本屈指の鍵盤奏者・渡邉順生によるデュオ・リサイタル。
バッハの遺したフルートの作品(真作)を一挙演奏!2大名匠による極上のバッハをご堪能ください。                                                                                                                                            日時:2017年11月27日(月)19:00開演(17:45開場/ 18:00~18:20スペシャルトーク)     会場:浜離宮朝日ホール
    〒104-8011 東京都中央区築地5-3-2
    朝日新聞東京本社・新館2階
    電話 03-5541-8710
 
プログラム
フルートとチェンバロのためのソナタ ロ短調 BWV1030、イ長調 BWV1032
フルートと通奏低音のためのソナタ ホ短調 BWV1034、ホ長調 BWV1035
無伴奏フルートのためのパルティータ イ短調 BWV1013
 
 
【スペシャル・プレ・トーク開催】18:00~18:20 
当日はバルトルド・クイケン新著「楽譜から音楽へーバロック音楽の演奏法」(道和書院)の刊行を記念して、クイケンと渡邊順生によるスペシャル・プレ・トークを開催します。
 
先行販売のご案内
一般発売(6/20)に先駆けて、イープラスでの先行販売を行います。
イープラス先行販売:6/3(土)12:00~6/19(月)18:00 イープラス
チケット価格
5,000円(全席指定・税込)
チケット申し込み
朝日ホール・チケットセンター(日・祝除く10:00~18:00)
TEL:03-3267-9990
詳しくはこちらをクリックしてください
主催:朝日新聞社 協賛:キングインターナショナル 後援:ベルギー大使館