2016年2月25日

本社移転のご案内


この度、フランダースセンターは本社を大阪から東京に移転する運びとなりました。
2016年3月1日 (火)より下記住所にて業務を開始いたします。

1975年の設立以来、ひとかたならぬご支援を賜り、深く感謝申し上げます。
より多くの方々にフランダース文化の魅力をお伝えできるよう、さらなる業務の強化と充実を図って参りますので、今後とも一層のご愛顧を賜りますようお願い申し上げます。

イベント情報および最新ニュースをメールマガジンでお届けします。
ご希望の方は、こちらからご登録ください。

公益財団法人フランダースセンター
〒180-0002
東京都武蔵野市吉祥寺東町4丁目2―2
電話 0422-27-6855
Fax    0422-27-6856

Flanders Center
4-2-2 Higashicho, Kichijoji, Musashino, Tokyo 180-0002
tel: +81 422 27 6855
fax:+81 422 27 6856
E-mail: info@flanders.jp
HP: www.flanders.jp

2016年2月20日

ツール・ド・フランダース in 大阪 (Tour de Flanders in Osaka)


今年、ベルギーと日本は友好関係150周年を迎えました。これを記念して、天王寺区域にて市民参加型の自転車イベント「ツール・ド・フランダース in 大阪 (Tour de Flanders in Osaka)」を開催いたします。
あべのハルカスの誕生以来、賑わいをみせる天王寺周辺には、四天王寺や生國魂神社をはじめ神社仏閣が多く存在します。こうした名所にチェックポイントを設け、スタンプラリーをしながらお散歩気分でサイクリングを楽しみます。ゴール後は、ベルギーワッフルとホットチョコレートがお出迎え。ベルギーと日本の友好150周年と完走を皆で祝いましょう。

“旅する”感覚で自転車に乗り、出かけるのがフランダース流。このイベントを通してフランダースの伝統や文化の一面に触れていただき、交流の新たな一歩を踏み出したいと思っています。
大会の詳細およびお申し込み方法などは、公式ホームページをごらんください。
皆さまのご参加をお待ちしております。

日時:2016年3月27日(日) 13:00 ~ 16:00(受付12:30)※雨天決行
主会場:大阪国際交流センター3階 フランダースホール
サイクリングコース:大阪国際交流センター→生國魂神社→天王寺区民センター→  
  一心寺→四天王寺→大阪国際交流センターを周回 (約5キロ)
参加費:大人 前売券2,500円、当日券3,000円
    子ども(3歳 ~ 中学生)前売券1,500円、当日券2,000円
   (リストバンド、プログラムおよびパーティ参加費、完走証、保険料、消費税込)

2016年2月15日

オランダ語公式検定試験の申込締切日延長のお知らせ


オランダ語公式検定試験の申込締切日を、2016年3月4日(金)まで延長します。
試験の詳細につきましては、こちらをご覧ください。
なお、受験レベルは公式サイトに掲載されている例題を参考にしてください。

2016年2月11日

トム・ラノワ 「メフィストと呼ばれた男(Mefisto For Ever)」

Mefisto For Ever 写真:日置真光
昨春、ふじのくに⇄せかい演劇祭 (WorldTheatreFestivalShizuoka under Mt. Fuji) にて日本初上演を果たしたトム・ラノワ (Tom Lanoye)の大作「メフィストと呼ばれた男(Mefisto For Ever)」が、宮城聰氏率いるSPACにより再演されます。
本作品は、ドイツの作家クラウス・マン (Klaus Mann) が1936年に発表した小説「メフィスト(Mephisto)」を大胆に翻案したもので、ドイツ語およびフランス語に翻訳出版されています。
時代に翻弄される天才俳優の姿を通し、「劇場とは、芸術とは何か?」を問いかける社会派作品。
昨年見逃したという方は、1日限りのこの機会をお見逃しなく。

公演日:2016年2月14日(日)  11:00 / 18:00
会場:KAAT 神奈川芸術劇場

トム・ラノワ (Tom Lanoye)
1958年ベルギー・フランダースのシント・ニクラースに生まれる。1985年に「Een slagerszoon met een brilletje」で文壇デビュー。現在、アントワープと南アフリカのケープタウンを拠点に、小説、戯曲、詩など、多岐に渡る執筆活動を行う。2010年、当センター主催のフランダース文学翻訳セミナーのゲストとして初来日。2013年11月刊行の短編集「フランダースの声 現代ベルギー小説アンソロジー」には初期の短編作品が収録されており、ラノワ作品の日本語への翻訳はこれが初めてである。

2016年2月3日

オランダ ~ ベルギー・フランダース in 東京散走 2016


日々の生活に自転車が密着しているベルギー・フランダースとオランダ。フランダースでは自転車競技の人気も高く、国民的英雄エディ・メルクスを筆頭に、トム・ボーネンなど世界有数のロードレーサーを数多く輩出しています。
この自転車王国ベルギー・フランダースとオランダの両政府観光局は、2013年より東京都内にてサイクリングイベント「オランダ ~ ベルギー・フランダース in 東京散走 (Tour de Holland to Flanders, Belgium In Tokyo)」を開催しており、ふたつのエリアにちなんだ都内の場所を結ぶコースを参加者と一緒に楽しく走ります。
4度目となる今回は、日本とベルギーが外交・友好関係樹立150周年を迎える年であるのに加え、伝統あるクラシックレース「ロンド・ファン・フラーンデレン 」が第100回目の大会となるなど、記念すべき年となります。
また、日本就航65周年を迎えるKLMオランダ航空が協賛し、スタンプラリー完走者の中から抽選でペア1組2名様に日本・アムステルダム間のエコノミークラス航空券をプレゼントします。
この機会にぜひ、ふるってご応募ください。

開催日:2016年4月10日(日) 10:00  ~ 時差スタート 雨天決行 (荒天の場合は中止あり)
開催場所:ベルギー王国大使館 ~ 東京都内 ~ オランダ大使館
実施内容:道路交通法に準拠した集団サイクリング スロースピードで約10キロ楽しむ
参加資格:自己責任で、全走行距離10キロ前後/2時間以内を自転車で走れる方(定員300名)
                  自転車は各自で用意。自転車並びにヘルメット等の備品のレンタルなし。
       子供(中学生以下)の参加は保護者同伴のこと。

参加費:大人4,500円  子供(中学生以下) 1,000円 (保険料・消費税込)
応募受付:2016年2月1日(月) ~ 3月21日(月・祝)