2015年5月29日

ベルギービールウィークエンド大阪2015

写真: Flip Kowlier © Peter Huys (CC BY 2.0)
じっとり汗ばむ大阪の6月は、特にビールが恋しくなる季節。今年も個性豊かなベルギービールの面々が、浪速っ子の喉を潤しにやってきます。
大阪に登場するビールは、11タイプ50種類以上。そのうち12種類がBBWに初お目見えとなり、さらに、特別なビールを集めた「BBW BOUTIQUE」も登場します。

ライブのゲストは、フィリップ・カウリール (Flip Kowlier)およびクリス・デイン (Kris Dane) 。

フィリップ・カウリール (Flip Kowlier) は西フランダース出身。この地方は独特の方言が有名で、彼はその方言を前面に押し出した楽曲で知られています。2004年にリリースしたアルバム「In De Fik」では、同じく西フランダース出身で、フーバーフォニック(Hooverphonic)の元ボーカリスト、ヒェイケ・アルナールト(Geike Arnaert)をフィーチャーしたシングルも発表しています。
クリス・デイン (Kris Dane) はかつてdEUSに在籍していたこともあるアーティストで、現在はソロを軸に活動。アコースティックギターと渋い歌声で紡ぎ出すサウンドは、どこか懐かしい響きを帯び、聴くものをしっぽりとさせてくれます。

会期:2015年6月3日(水) ~ 7日(日)
会場:新梅田シティ ワンダースクエア

《ライブスケジュール》
フィリップ・カウリール (Flip Kowlier) 6月5日(金) ~ 6月7日(日)
クリス・デイン (Kris Dane) 6月3日(水)、6月4日(木)、6月6日(土)

2015年5月12日

ジェフ・ニーヴ “ONE” ジャパン・ツアー 2015


2008年、当センター主催のイベントでジェフ・ニーヴ・トリオ(Jef Neve Trio) として初来日を果たして以来、多くのジャズファンの支持を得て、公演を重ねるごとに着実にファン層を厚くしているジェフ・ニーヴ (Jef Neve) が待望の来日。
今回は、「これまでの録音のなかで、最もチャレンジングだった」とジェフ自らが語るソロピアノ作品「One」を携え、“ONE” ジャパン・ツアー 2015と題して、水戸を皮切りに東京、横浜、静岡そして伊丹へと巡演します。

本作品は、オリジナル曲をメインに、ベルギー出身のラッパー、ストロマエ(Stromae)やジョニ・ミッチェルの楽曲、スタンダードナンバーなどにも取り組んだ意欲作で、ピアノ一台で美しくドラマティックな世界を展開しています。

また、静岡市のLifetimeでは、特別ゲストとして日本人フリューゲルホーン奏者のTOKU氏と共演します。

《公演日程》
6月14日(日) 自由が丘スタヂオ (水戸市) 開演18:00
6月16日(火) Cotton Club (東京) 開演 18:30 / 21:00 入替制
6月18日(木) Motion Blue Yokohama (横浜市) 開場 18:00 開演 19:30
6月19日(金) Lifetime (静岡市) 開演 19:30
6月20日(土) 伊丹市立演劇ホール AI HALL (伊丹市) 開演 14:00

2015年5月1日

ベルギービールウィークエンド福岡2015

写真: Arno © Guido van Nispen (CC BY 2.0)
ゴールデンウィークの余韻が残る同週に、名古屋に引き続き福岡でベルギービールウィークエンドが開催されます。
福岡に登場するビールは、11タイプ52種類。そのうち10種類がBBWに初お目見えとなり、さらに、特別なビールを集めた「BBW BOUTIQUE」も登場します。
ステージを飾るのは、二度目の来日となるアルノー(Arno) 、ブリュッセルの男女デュオ、ハイドロゲン・シーおよびリエージュのマイ・リトル・チープ・ディクタフォン(MLCD: My Little Cheap Dictaphone)の3組み。

会期:2015年5月8日(金) ~ 17日(日)
会場:市役所前 ふれあい広場

《ライブスケジュール》
アルノー(Arno) 5月8日(金) ~ 10日(日)
マイ・リトル・チープ・ディクタフォン( My Little Cheap Dictaphone)
5月13日(水)、15日(金) & 16日(土)
ハイドロゲン・シー(HYDROGEN SEA)5月14日(木)、16日(土) & 17日(日)