2014年9月22日

クリス・デフォート(ピアノ) & 緒川たまき(朗読)


夏目漱石が自身の見た夢を綴った幻想的な傑作短編「夢十夜」を、ベルギーのジャズピアニスト、クリス・デフォート (Kris Defoort) のピアノ演奏と、舞台に映画にと広く活躍する女優、緒川たまき氏の朗読で楽しむイベントが開催されます。

クリス・デフォート(Kris Defoort)
アントワープ王立音楽院にて古楽とリコーダーを、リエージュ王立音楽院にてジャズや作曲などを学ぶ。ピアニストとして、ライオネル・ハンプトン(Lionel Hampton)、ディジー・ガレスピー(Dizzy Gillespie) らと共演した経歴をもつほか、エリザベート王妃国際音楽コンクールやアムステルダムのロイヤルコンセルトヘボウ管弦楽団に曲を書き下ろすなど、多岐にわたり活動を行っている。2004年、フランダース地方のミュージックアワードを受賞。

公演日:2014年9月30日(火) 19:00 開演
会場:武蔵野スイングホール
緒川たまき(朗読)
クリス・デフォート(ピアノ)

2014年9月4日

Enjoy Classic クラシックx講談


大阪の新しいランドマーク「あべのハルカス」のオープンに伴いリニューアルオープンした「近鉄アート館」では、クラシック音楽に親しんでもらうために、正統派クラシックをストーリーテラーが解きほぐしたり、異なるジャンルがコラボレーションしたりするなど、子供から大人まで幅広く楽しむことができる公演プログラムが企画されています。
好評を博した今年5月25日に続き、シリーズ第2弾が開催されます。
今回は、フランダース地方が生んだ作曲家ジョスカン・デ・プレにスポットをあて、講談師の旭堂南青氏が、そのドラマチックな人生を語ります。
台本は、この公演に際して書き下ろしたものです。
来場者には、マネケンのベルギーワッフルがプレゼントされます。

~ 音楽が語り、言葉が奏でる ~
Enjoy Classic クラシックx講談

日時:2014年10月19日(日) 開場 15:30   開演  16:00
会場:近鉄アート館

チケットに関するお問い合わせ・ご予約は、近鉄アート館チケットセンターまで。

2014年9月1日

ヤン・ヴァンデルロースト首席客演指揮者就任記念 第17回定期演奏会


1999年、自主運営の吹奏楽団として結成されたフィルハーモニック・ウインズ大阪が、創立15周年を迎えます。
本楽団は、結成以来、吹奏楽の新たな可能性を追求し続け、様々なレパートリーを意欲的に取り入れた演奏会を多数企画・実施するほか、依頼演奏や地方公演、小中高校の音楽鑑賞教室など、多岐にわたる活動を行ってきました。
2005年より元大阪市音楽団団長の木村吉宏氏が音楽監督に、2011年からオリタ・ノボッタ氏がミュージック・アドバイザーに、そして2013年4月にはベルギー人指揮者ヤン・ヴァンデルロースト (Jan Van der Roost) が首席客演指揮者に就任。
今回で17回目となる定期演奏会は、同楽団の創立15周年記念とヴァンデルローストの就任記念を兼ねて開催されます。

日時:2014年9月23日(火) 15:00 開場 16:00 開演
会場:いずみホール

公演に関するお問い合わせは、フィルハーモニック・ウインズ大阪まで。

ヤン・ヴァンデルロースト ( Jan Van der Roost)
1956年ベルギー・デュッフェル生まれ。ルーヴェンのレメンス音楽院でトロンボーン、音楽史および音楽教育を学んだ後、ゲントとアントワープの王立音楽院で研究を続け、作曲と指揮の学位を取得する。
現在、レメンス音楽院で教鞭を執るほか、名古屋芸術大学と洗足学園音楽大学の客員教授および尚美ミュージックカレッジ専門学校の特別客員教授も務めている。
2001年、室内楽団のための4つの作品を収録したCDがEMIクラシックスよりリリース。同時期にスロヴァキア放送局交響楽団(ブラティスラヴァ)と3作品をレコーディングし、2003年にドイツのレーベルからリリースされた。2004年には、フェドラ・レコードがヴァンデルロースト作品のみを収録したクラシックCDを制作。