2014年7月25日

映画「小さなバイオリニスト (Finn) 」

子どもたちの世界映画祭「キンダー・フィルム・フェスティバル (TOKYO KINDER FILM FESTIVAL)」は、映画・映像を通じて、子どもたちと「子育て」を頑張る親たちが、夢や理想、善悪の判断や思いやりなどを親子で一緒に学べることを目指す映画祭です。 子どもたちが健全に成長することを願い、キンダー・フィルムは世界から集まる、優しいメッセージ(映画)を届けています。

第22回目となる今年は、ベルギーを代表する俳優ヤン・デクレール (Jan Decleir) が出演するオランダ・ベルギー映画「小さなバイオリニスト (Finn)」が、コンペティション部門にて上映されます。
バラバラになった家族の心を、一本のバイオリンを介してひとつにしていく物語。ヤン・デクレールは、そのバイオリンを奏でる謎の老人役を演じています。

22nd キンダー・フィルム・フェスティバル
(22nd TOKYO KINDER FILM FESTIVAL 2014)
会期:2014年8月13日(水) ~ 8月17日(日)
会場:調布市グリーンホール

「小さなバイオリニスト (Finn)」
上映日:2014年8月13日(水) 18:00 ~
監督:Frans Weisz / オランダ・ベルギー 2013年/ 90分
対象年齢:9歳 ~

《あらすじ》
幼いころにママを亡くした少年フィン。パパは優しいけどママの話はあまりしてくれず、フィンとは微妙な心の距離がある。そんなある日、廃墟から聞こえてくる音楽に誘われ、そこに住む老人にバイオリンを習うことになったフィン。老人とのレッスンにのめりこんでいくフィンの姿をみたパパはなぜか猛反対。バイオリンに隠された衝撃の「かぞくのひみつ」とは・・・。