2013年2月25日

ステファン・ヴァンフレーテレン「Flandrien」写真展

ヨーロッパで伝統あるベルギーのクラシックレース「ロンド・ファン・フラーンデレン」が、今年100周年を迎えます。これを記念して、ステファン・ヴァンフレーテレン「Flandrien」写真展を開催いたします。

ベルギーでは自転車競技は国民的スポーツであり、老若男女を問わず広く国民に愛されています。レース開催日には沿道はファンで埋め尽くされ、カフェや自宅では 実況放送に釘付けになるほどの熱狂ぶりで、とりわけ、その年の最優秀選手に贈られる名誉の称号「フランドリアン(Flandrien)」を持つ選手に はひときわ熱い声援が送られます。


「Flandrien」と題した本展は、モノクロ写真の名手ステファン・ヴァンフレーテレンがベルギーの自転車ロードレースをテーマに創作したシリーズ。フランダース独特の石畳 や急坂コース、コース背景に広がる美しい風景、気概に満ちた選手たち、それを見守るファンの姿など、自転車をとりまくフランダースの風土と息づかいを白と 黒の世界で表現した作品がならびます。中でも、エディ・メルクスをはじめとする歴代フランドリアンをモデルにしたポートレート作品は思わず息を呑むほどの魅力に溢れています。ひときわ目を引くのは、フィリップ・ジルベールとトム・ボーネンの鍛え抜かれた肉体美を見事に描いた作品。大型フレームに収まったふたりのポートレートは、あたかも本人が目の前にたたずんでいるかのようです。


2011年に本展開催時は、写真愛好家のみならず大勢の自転車ファンにもお越しいただき、好評を博しました。前回お越しになれなかった方も、もう一度ご覧になりたい方も、ヴァンフレーテレンの作品と共に100年の歴史に想いを馳せてみてはいかがでしょうか。

会期 2013年3月18日(月) 〜 3月31日(日)
月〜金 10:00〜17:00 土・日・祝 12:00〜18:00
場所 Flanders Center

ベルギー本国でも記念イベントが開催されます。
観光局のサイトを参考にしてください。