2013年10月9日

第20回大阪ヨーロッパ映画祭


大阪ヨーロッパ映画祭は20周年を迎えます。今年のベルギー映画は、2010年大阪ヨーロッパ映画際にて日本初公開された作品「あきれた日常」の監督フェリックス・ヴァン・ヒュルーニンゲンの最新作「The Broken Circle Breakdown」が本邦初公開となります。
主演は、本映画祭の上映作品「リタの息子(Dennis van Rita)」、「ロフト.(LOFT)」などに出演し、2009年にゲストとし初来日した女優ヴェールレ・バーテンス(Veerle Baetens)。
また、本作品は多くの映画祭に出品されており、2013年ベルリン国際映画祭ではパノラマ部門観客賞1位と最優秀ヨーロッパ映画賞を、2013年ファンタジア国際映画祭(モントリオール)の国際映画部門で銅賞を、第12回トライベッカ映画祭(ニューヨーク)で国際長編部門 主演女優賞と脚本賞を、そして先頃行われた第3回Québec City Film Festival(ケベック)では観客賞を受賞するなど、国際的に高い評価を得ています。

あらすじ
ブルーグラスバンドでバンジョーを弾くディディエとタトゥーサロンを営むエリーゼ。ふたりはひと目で恋におち、やがて彼女は彼のバンドで歌うようになる。結婚し、娘が生まれて幸せに満ちた日々を送るが、娘が病気なったとき、彼らの愛が試される。
音楽への熱い想いで結ばれた男女ふたりが織りなす愛と哀しみのアルバム。

開催期間:11月15日(金) ~ 11月25日(月)
会場:阪急うめだホール&エルセラーンホール

ベルギー映画「The Broken Circle Breakdown
2012年カラー/111分/オランダ語(日本語字幕)
上映日時:2013年11月23日(土) 15:45 ~
会場:エルセラーンホール