2013年9月3日

「エミール・クラウスとベルギーの印象派」展

エミール・クラウス「野の少女たち」
姫路、東京、石川と巡回してきた「エミール・クラウスとベルギーの印象派」展が愛知県に上陸、開館5周年を記念して碧南市藤井達吉現代美術館にて開催されます。
隣国フランスから点描で描くシニャックらの新印象主義の影響を受けたベルギーの印象派は独自の発展を遂げました。本展では、その立役者である画家エミール・クラウスの作品を中心に、彼のもとに集まったベルギーの印象派の画家たち、その源となったフランスの印象派、そしてクラウスに学んだ日本人画家と日本の印象派の作品など合わせて63点を展示します。

ベルギー近代美術史を考えるうえでも、印象主義の国際的な伝播という観点からでも、クラウスは非常に重要な画家であります。また、当時ベルギーに留学中だった太田喜二郎と児島虎次郎は直接クラウスの指導を受け、日本の美術界に影響を及ぼしたという点でも大きな意味を持つ画家です。
しかし、これまでクラウスをテーマにした展覧会が日本で開かれたことはなく、本展はベルギー印象派の作品に触れる貴重な機会となります。芸術の秋、到来。印象派に興味がある方のみならず、行楽も兼ねてぜひ足を運んでみて下さい。

会期:2013年9月14日(土) ~ 10月20日(日)
会場:碧南市藤井達吉現代美術館 (愛知県)