2013年5月27日

ジェフ・二ーヴ・トリオ Cotton Clubライブ


ジェフ・ニーヴ・トリオが2年ぶりに来日し、東京のCotton Clubにてライブを行います。
ジェフ・ニーヴ(Jef Neve)は、2003年にアルバム「Blue Saga」でデビュー。2006年発売のサード・アルバム「Nobody Is Illegal」で世界中から脚光を浴びるようになりました。
2008年には当センター主催イベントのゲストとして初来日。その後、日本でも着実にファン層を広げていき、2011年に待望の再来日。ベルギービールウィークエンド大阪のステージ、Cotton ClubやLeft Aloneでライブを行いました。
2010年にはトリオとしてアルバム「Imaginary Road」をリリースしたのをはじめ、若手ジャズ・シンガー、ホセ・ジェイムスとのデュオ・アルバム「For All We Know」も発売するなど、ソロやトリオ以外にも、他のアーティストとのアルバム制作やライブを行うなど積極的に活動をしています。
そして2012年、通算6枚目となるソロ・アルバム「Sons Of The New World」をリリース。本作には、日本の原発問題、中東紛争、ベルギーで起きた音楽フェスでの惨事など社会問題をテーマにした楽曲が収録されています。暗い話題ばかりのご時世に希望の光が差すことを願い、タイトルには"Sons of the New World, a sign of hope"の意味も込められています。

日程:2013年6月1日(土) & 6月2日(日)
場所:Cotton Clubコットンクラブ

《ジェフ・ニーヴ・トリオ》
ピアノ:Jef Neve ジェフ・ニーヴ
ベース:Ruben Samama
ドラムス:Teun Verbruggen