2013年5月29日

ダニエル オスト -神々に捧げる花-

出雲大社は、「だいこくさま」と慕われる国造りの神様である大国主大神様をお祀りするお社です。また、年に一度、全国の神々が集まって縁結びの相談をするため、縁結びの神様としても広く知られています。
その出雲大社では約60年ぶりの御修造「平成の大遷宮」が行われており、5月10日には大国主大神様が御本殿にお還りになる「本殿遷座祭」が営まれました。
その奉納事業の一環として、「花の建築家」と称されるフラワーアーティストのダニエル・オスト (Daniel Ost)が、出雲の地が産んだ織道家である八幡垣睦子氏と共に花と織の饗宴を繰り広げます。
「縁結び」というのは、男女の仲を結ぶことのみならず、すべてのものが幸福であるようにと、お互いの発展のためのつながりが結ばれることでもあります。
オストが花で結ぶ日本とベルギーのご縁は、訪れる人たちのみならず、神々の心にも響くことでしょう。


会期:2013年10月18日(金) ~ 10月22日(火)
作品展示:出雲文化伝承館 
     出雲大社拝殿にて献花

出雲文化伝承館について

出雲地方の伝統を今に伝え、訪れる人々が出雲の歴史と文化に触れることができる憩いの場として平成3年に開館。出雲地方特有の築地松(ついじまつ)に囲まれた敷地には、出雲平野の大地主であった江角(えずみ)家の母屋と長屋門や庭園が移築されています。