2012年6月26日

マウリッツハイス美術館展~オランダ・フランドル絵画の至宝

ピーテル・パウル・ルーベンス
オランダの第3の都市ハーグの中心地に位置するマウリッツハイス美術館は、所蔵作品は約800点と小規模ながらも選りすぐりの名品を所蔵しており、「王立絵画館」の呼称で 親しまれています。なかでも、世界にわずか三十数点しか現存しないフェルメール作品を3点所有するなど17世紀オランダ・フランドル絵画の質の高さは他に類を見ません。
同館では2012年から大規模な増改築工事が始まるのに伴い、美術館の顔として最も人気の高いフェルメールの傑作「真珠の首飾りの少女」をはじめ、フランドル絵画の巨匠ルーベンスやブリューゲル(父)などの名品約50点の出品が実現しました。
また、本展は2010年から改修のために休館していた東京都美術館のリニュー アルオープン後第一弾となる特別展です。企画展示室の鑑賞環境が向上し、レストランなどの設備面も充実した「新しい都美」で、珠玉の名品を心ゆくまでお楽しみください。
マウリッツハイス美術館のリニューアルオープンは、2014年ごろを予定しています。

会期 2012年6月30日(土)~ 9月17日(月)
場所 東京都美術館

2012年6月20日

国際青少年音楽祭 in Tokyo

CANTATE DOMINO
EU・ジャパンフェスト日本委員会は、1990年代から数多くの青少年をヨーロッパに派遣してきました。その体験やこれまで培ってきたネットワークがエネルギーとなり、2004年5月に「国際青少年音楽祭」が始まりました。毎年、欧州文化首都や日本国内各地において日欧の青少年が集い、ホームステイをしながら幅広い音楽活動を行っています。
今年はフランダースセンターも共同主催させていただき、ベルギーからカンターテ・ドミノ少年合唱団(Cantate Domino)が来日します。カンターテ・ドミノ少年合唱団は1959年にM.ゲイス神父により設立され、ベルギーのアールストにある聖マールティン中高等学校の生徒と卒業生で構成されています。ヨーロッパのトップレベルの少年合唱団として、ウィーン少年合唱団と共演するなど、高く評価されています。初来日は1981年。日本における国際青少年音楽祭への参加は、2005年、2007年に続き、本年で3回目となります。今回は、特に被災地の合唱団との共演や東北の合唱団とさらなる交流をめざしています。

公演日 2012年7月6日(金)
会場  東京カテドラル関口教会聖マリア大聖堂
詳細につきましては、EU・ジャパンフェスト日本委員会のホームページをご覧ください。

2012年6月5日

ベルギービールウィークエンド大阪2012

DAAN
大盛況で閉幕した名古屋に続き、ベルギービールウィークエンド大阪2012が開催されます。初開催の昨年、6月にもかかわらず会期中は天候に恵まれ、連日大勢のビールファンで賑わいを見せました。今年は、10種類81タイプのビールがお目見えします。また、関西の有名ビアカフェやレストランが出店し、ビールをより美味しく召し上がっていただけるメニューを提供してくれます。
グルメファンのみならず、音楽ファンにも大いに注目される本イベントは、今年はライブのラインアップもさらに充実。昨年、東京会場を大いに盛り上げてくれたベルギーの大物アーティストDAANが再来日し、13日と14日のステージに立ちます。他にも、ロックバンドのアーセナル(Arsenal)と、女性アーティストのレディ・リン(Lady Linn)が来日し、会場をベルギーさながらの雰囲気にしてくれます。食文化も音楽も、ベルギーの魅力はまだまだ尽きません。五感をフル稼働して、ベルギーの息吹に触れてみてください。

期間 2012年6月13日(水)〜17日(日)
場所 新梅田シティ 梅田スカイビル
詳細につきましてはイベント公式ウェブサイトをご覧ください。

2012年6月4日

ミヒール・ヘンドリックス写真集「dolen」プレゼント

本日から当センターにてミヒール・ヘンドリックス「wandering europe」写真展が始まります。これを機に、本展の展示作品を含むミヒールの写真集「dolen」を2名様にプレゼントいたします。ご希望の方は、まずtwitterで当センターをフォローしていただき、プレゼントを告知するツイートを6月30日(土)までに1回のみリツイートしてください。
皆さまのご応募をお待ちしています。

http://twitter.com/FlandersCenter

ミヒール・ヘンドリックス「wandering europe」写真展