2012年1月16日

テヅカ TeZukA

世界のダンスシーンで最も注目されている、ベルギー出身の振付家シディ・ラルビ・シェルカウイ(Sidi Larbi Cherkaoui)による最新作が日本上陸。手塚治虫にインスパイアされて作り上げたという「テヅカ TeZukA」は、イギリスのサドラーズ・ウェルズ劇場とベルギーのEastman、日本のBunkamuraの共同制作で手塚プロダクションの全面協力を得て上演される。
2011年9月のサドラーズ・ウェルズ劇場を皮切りに、世界各地を巡り2012年2月にはBunkamuraで上演される。日本公演にはダンス力に定評のある俳優、森山未來が出演する。
手塚治虫のマンガ、アニメ作品のほか「創造主としての手」「マンガを描く動き=ダンスという認識」「文字と絵/書とマンガ」などいくつかのキーワードをもとに映像を展開するライブのダンスと音楽とのコラボレーションである本作は、手塚の作品をそのままダンス化するのではなく作品から沸き起こるさまざまなイメージをコラージュのようにつなぎあわせ、シェルカウイ独自の解釈で再構築する。
また、英国で絶大な人気を誇るミュージシャン・DJのニティン・ソーニーがシェルカウイとタッグを組むことも注目のひとつ。ソーニーが紡ぎだすサウンドがシェルカウイの振付、そして手塚治虫の哲学といかなる化学反応を起こすのか、目が離せない。

2012年2月23日(木)~27日(月)
場所 Bunkamura オーチャードホール

2012年1月10日

TRANSNATIONAL ART 2012

日本はもとより世界中のアーティストがここ大阪からグローバルな美術の展開を繰り広げる国際交流現代美術展覧会「TRANSNATIONAL ART」。第4回目となる今年は10カ国から52名の新鋭、有名アーティストが国境とジャンルを超えて大阪府立現代美術センターに集結します。
ベルギーからは写真家のシャルロット・リベールが参加。作品を通して変わりゆく世界に人々がどのように反応するのかを追い、ヨーロッパ各国で高い評価を得ています。
世界中が経済低迷、恐慌、紛争、自然災害などに直面している今日、人々の表情からは笑顔が消え、絶望や不安、怒りが表情を覆っています。この展覧会は地球規模でアートを育み、アートを通じての国際交流が世界平和へと導く一筋の光になることを願って開催されます。
人間社会に密着した現代アートを、文化の影響からなる違いなどを直接感じながら五感でお楽しみください。

2012年1月16日(月) - 2012年1月21日(土)
場所 大阪府立現代美術センター 大阪府新別館 南館1階

オープニングスピーチ : 1月16日(月) 4:00PM~
主催者SoHoのご挨拶

パフォーマンス : 1月21日(土) 12:00PM~
浜崎 健氏によるパフォーマンス(お茶会)

アートトーク : 1月21日(土) 12:40PM~2:30PM
美術関係者、アーティストによるアートトーク