2012年4月24日

ミヒール・ヘンドリックス「wandering europe」写真展

新聞写真がまだ白黒であった時代にプレス・カメラマンとしてデビューし、その後もメディアの第一線で活躍する写真家ミヒール・ヘンドリックス(Michiel Hendryckx)。長年に渡りベルギーの有力紙「De Standaard」の専属フォトグラファーを務め、広くその名が知られている。また、独自で展開するプロジェクト作品にも各方面から高い評価を得て、今やベルギー写真界の重鎮として確固たる地位を築いている。そのミヒールが、自らの写真家人生の原点に立ち返り、モノクロ作品シリーズを発表。プロとして歩み始めた当初の20年間、新聞社のモノクロ写真に専念していたミヒール・ヘンドリックスにとって、モノクロ写真は彼の写真家人生における、いわば「母語」のような存在である。
さらに、作品の大半は50mm標準レンズを用いて撮影されている点も大きな見どころである。
本展では、ヨーロッパ諸国を巡りながら、各地で目にした折々の瞬間を先入観にとらわれることなく、ミヒールの鋭い感性でありのままに切り取った作品シリーズを展示。ベルギートップクラスの写真家ミヒール・ヘンドリックスが、デビュー当時さながらに新鮮な驚きと感動で捉えた世界をご堪能ください。銀塩時代からの写真愛好家の方は、初めてカメラを手にした時のあの胸の高鳴りが蘇ることでしょう。さらに、ズームレンズが一般的になりつつある昨今、単焦点レンズの魅力を再認識できる絶好の機会でもあります。

2012年6月4日(月) - 2012年6月17日(日)
月 ~ 金:10:00 ~ 17:00 土・日:12:00 ~ 18:00
場所 Flanders Center