2011年11月27日

ヤン・デプレーテルが紡ぐ復興への祈り

ガンバレ東北
ベルギーのクラシックギタリストで親日家のヤン・デプレーテルが再び来日しました。これまでヤン・デプレーテルは関西や九州、関東を中心に公演を行ってきましたが、今回初めて東北を訪れました。東日本大震災で被災された方を支援し、元気をお届けしようと、EU・ジャパンフェスト日本委員とフランダースセンター (Flanders Center) の共同プロジェクトで宮城県および福島県でのコンサートやワークショップそして交流会が企画され、地元の皆さまの多大なるご協力により実現いたしました。
ツアーは津波により甚大な被害を受けた宮城県東松島市の仮説住宅地を皮切りに被災地を巡り、仙台市青年文化センターには大勢の音楽愛好家の皆さまにお集まりいただきました。ジャズピアニストの嶋津健一氏のコンサートや大河原町公民館秋祭りにゲスト出演。また、地元の高校を訪れ生徒たちと交流を持ちました。西多賀支援学校では生徒たちに演奏を披露し、生徒たちだけでなく先生方とも交流を深めました。大河原商業高校では演奏に定評のあるギター部の演奏を聴き、その質の高さにヤン・デプレーテルも驚嘆していました。
福島県では奥会津の西隆寺や日本基督教団若松栄町教会でコンサートを開催しました。東日本大震災で被災された皆さまに元気と勇気をお届けできるような選曲を心がけました。コンサートの準備に携わってくださった多くの皆さまに感謝するとともに、一刻も早い復興をお祈りいたします。冬はそこまで来ています。ヤン・デプレーテルの音楽が一服の清涼剤となれば幸いです。
宮城県立西多賀支援学校での演奏
宮城県立大河原商業高等学校ギタークラブ訪問
奥会津 西隆寺でのチャリティーコンサート
ガンバレ東北

2011年11月25日

2012年度 ベルギー・フランダース政府奨学金留学生募集要項

ベルギー・フランダース政府は、フランダースの大学および高等教育機関に留学する日本人に対して、毎年5名に奨学金を授与しています。フランダースに留学を希望される方は、応募してみてはいかがでしょうか。
2012年度の書類提出締め切り日は、2012年1月17日(火)16:00時(必着)です。書類選考後、筆記試験と面接を2012年1月24日(火)に東京のベルギー大使館にて行います。募集要項の詳細につきましてはこちらのページをご覧下さい。

2011年11月18日

クリス・デヴィッテ写真集「CARPOSERS」を20名様にプレゼント

10月にtwitter開始を記念して行いました写真集「Flandrien」プレゼントに、たくさんのフォローをしていただき、ありがとうございました。ご好評につき、第2弾としてクリス・デヴィッテ写真集「CARPOSERS」日本語版のプレゼントを実施します。
クリス・デヴィッテは、映画界の人物ポートレートやスティル写真で世界的に知られているベルギー出身の写真家です。2009年に大阪ヨーロッパ映画祭のゲストとして初来日を果たし、サントリーミュージアム天保山と当センターにて「クリス・デヴィッテ三つの色」と題した3シリーズの写真展を同時開催しました。その時のひとつ「CARPOSERS」シリーズは、著名な作曲家を黒いメルセデス・ベンツと共に撮影した作品集で、被写体にした「Car」と「Composers」を掛け合わせた造語をタイトルにしています。
写真集を希望される方は、twitterのプレゼントお知らせツイートに「写真集希望」とお書き添えのうえご返信ください。11月末までに応募していただいた方の中から抽選で20名様に写真集を差し上げます。

2011年11月17日

写真集「Flandrien」ご当選者の発表

この度は、twitter開始を記念して行いました写真集「Flandrien」プレゼントに、たくさんのフォローをしていただき、ありがとうございました。
以下の10名様がご当選されました。おめでとうございます。
umeboshikkosan様 ur_bike_sato様 murak_様 ryo1105smile様 akiko_84様
M_TNTTMP様 BisCafeBB様 simachan1967様 kobeflower様 Gacchuman様

2011年11月11日

UNIKのダンスで東北の皆さまを元気に

ベルギーのダンスグループUNIKが3回目の来日公演を果たしました。EU・ジャパンフェスト日本委員会とフランダースセンター(Flanders Center)のプロジェクトに4人のダンサー、ヨーケ・クワーゲビュール(Joke Quaghebeur)、リゼ・ヴァション(Lise Vachon)、ジョジョ・チャブ(Jojo Tchabou)、カティ・プラッテーウ(Kathy Platteeuw)を招待し、UNIKの提案で東北地方の学校や文化施設、劇場などで公演することになりました。
パフォーマンスではダンサーが観客に見本を示し、皆すぐに踊れるようになりました。今回の公演は東日本大震災とその後の津波や原発事故で被災された方に、楽しく踊って少しでも日ごろの疲れを癒していただければと企画されました。宮城県、山形県および福島県を巡り、とりわけ福島県では避難所や仮設住宅地などで ダンスを披露。各訪問先で、地元に根ざして活動するダンスグループとワークショップを展開しました。なかでも山形を拠点に各地で活躍するダンサー、フクベヨシノブ氏は宮城、山形の両県でUNIKと共演。
多くの方に参加していただき、皆さまの笑顔に改めてダンスの魅力を実感いたしました。踊る楽しさは伝染するようです。最初は数人で踊っていたのがみるみる他 の観客を巻き込み、最終的には大きな踊りの輪になりました。UNIKとともにダンスを体験することで、東北地方の皆さまと楽しいひとときを過ごすことがで き嬉しく思います。

2011年11月2日

映画「闇を生きる男」(仮題)

今年で18回目を迎える大阪ヨーロッパ映画祭。当センターは第1回から本映画祭に携わり、様々なベルギーの名作を日本に紹介してきました。今年は、ホルモン犯罪を舞台に男の愛と悲しみ、そして宿命を描いた「闇を生きる男(Rundskop)」が上映されます。
田舎で畜産業を営むジャッキーに精肉業者との怪しい仕事話が舞い込む。同じ頃、ホルモンマフィアを捜査する警官が殺された。予期せぬ事態、ジャッキーの過去の秘密と再会、人々の駆け引きが複雑に絡み合い彼を混乱の渦へと招いていく。
上映当日は、来日ゲストとのディスカッションおよびサイン会を予定しています。

2011年11月20日(日) 
14:15~
ホテルエルセラーン大阪 エルセラーンホール