2009年11月16日

ダニエル・オストのクリスマス

花と音。ヨーロッパと日本。ふたつの異質なものどうしは、こころという目に見えない糸で結ばれている。
東洋と西洋の融合をテーマに、世界各地の伝統的建築物を舞台に「花」の芸術を展開するダニエル・オストが、日本のクリスマスを彩ります。帝国ホテル東京孔雀の間を舞台に、ホワイエを花のオブジェで飾り、各々のゲストテーブルにはクリスマ スアレンジメントをあしらいます。本場ヨーロッパの雰囲気を漂わせたディナーショーの会場では、東儀秀樹をゲストに招き、東西それぞれの文化が融合するステージをご堪能いただきます。
「花の建築家」と称されるベルギーのフラワーアーティスト、ダニエル・オストは、花という素材を活かしながら、東西文化の融合を体現できる数少ないアーティストのひとりです。オストが日本で試みた数々のクリエイティブワークには、われわれ日本人が忘れかけていた精神性を甦らせるエッセンスが溢れ、その斬新な「和」のイメージは、多くの人々が日本古来の美を再発見するきっかけとなりました。一方、3年前に「世界文化遺産」東寺・灌頂院でおこなわれたダニエ ル・オスト展のオープニングイべントに出演した東儀秀樹は、伝統芸能であった雅楽を現代音楽と結びつけ、その素晴らしさを広く一般に知らしめ、近年ますますその活動の場を広げつつあるインターナショナルなアーティストのひとりです。オストと東儀秀樹によるトークとデモンストレーションが出合う、帝国ホテル東京のフランク・ロイド・ライト設計による孔雀の間は、まさに一期一会の「生きた芸術」をこころに感じることができる稀有な舞台となることでしょう。

2009年12月10日
場所 帝国ホテル東京