2009年5月1日

第8回 日本ヨーロッパ文化交流デイ「POETRY SLAM IN OSAKA 2009」

リズム、音、パフォーマンスを重視する「ポエトリー・スラム」。今年のイベントにはフランダースよりアンディー・フィーレンスが出演します。
在阪のヨーロッパ文化交流機関と大阪国際交流センターが、ヨーロッパと日本の文化交流促進のために毎年5月に実施している「日本ヨーロッパ文化交流デイ」。
第8回目となる今年はイギリス、オランダ、スペイン(カタルーニャ)、ドイツ、フランス、ベルギー(フランダース)そして日本からの出演者を合わせて総勢 11名による多言語ポエトリー・スラムのライブ・パフォーマンスを開催します。ポエトリー・スラムとは、演者が声と体を使って自作の詩を朗読し、聴衆からの採点でその優劣を競う、演者と聴衆の双方向パフォーマンスです。言葉は伝達手段であると同時に「音」としても捉えられ、リズム、トーン、単語などもパ フォーマンスを構成する要素のひとつになります。
各言語が持つ魅力とヨーロッパの多様性を体感することのできるこのイベントに、フランダースからは、詩人であり、パフォーマーでもあるアンディー・フィーレンス (Andy Fierens)が登場。ユーモア、皮肉、自己批評の精神に満ちた文章で、ベルギーのみならず、オランダ、南アフリカでカルト的な地位を確立している彼が初来日し、今回のために特別に準備したパフォーマンスを披露します。

出演者
ベルギー・フランダース
Andy Fierens(アンディー・フィーレンス)
イギリス
Dreadlockalien(ドレッドロックエイリアン)
オランダ
MC Ki(エムシーケイアイ)
スペイン
Josep Pedrals(ジュゼップ・ペドラルス)
Gisele Reloaded(ヒセレ・リローデッド)
ドイツ
Peh(ペー)
Tilman Birr(ティルマン・ビル)<司会>
フランス
Donna Vickxy (ドナ・ヴィッキー)
日本
SHINGO☆西成、石原ユキオ、上田假奈代、
横山千秋、阪口浩一 <司会>
お問合せ/お申込み
大阪国際交流センター 情報企画部
TEL 06-6773-8182
Email johokikaku@ih-osaka.or.jp
チケット販売
大阪国際交流センター情報企画部、club☆jungle ほか
関連イベント
同日午後1時から4時まで大阪国際交流センターにて「POETRY SLAM IN OSAKA 2009」ワークショップを開催します。このイベントでは、ヨーロッパ各国の出演者が様々な角度からポエトリー・スラムを紹介します(日本語通訳あり)。

2009年5月16日
場所 club ☆ jungle