2008年5月28日

フランダースの児童書「100パーセント レナ」日本語版が出版

フランダースの作家ステファン・ボーネン著「100パーセント レ ナ」が2月下旬に日経BP出版センターから出版されました。オランダ在住の翻訳者・小橋敦子が、この本をぜひ日本の子どもたちにも読んでもらいたい、との 思いから訳したことが今回の出版につながりました。ベルギーでは「子どもたちが選ぶお気に入りの本ベスト10」に選ばれ、副読本として中学校でも使用され ています。
突 然に愛する人を失い、悲しむ残された家族。その姿を少年の視点で淡々と語り、生きる意味とは、愛することとは、愛する人を失った悲しみをどのようにして乗 り越えるのか、という大きなテーマを、ごく平凡な日常生活を通して描いています。児童書ですが、大人の方にも楽しんでいただける作品です。重いテーマを 扱っているものの、読後にはさわやかな感動が残る一冊です。
人生について少し考えてみたくなったとき、読んでみてはいかがでしょうか。
「100パーセント レナ」
ステファン・ボーネン著
小橋敦子/ヒルト・ファン・ブレーメン訳
出版:日経BP出版センター
ISBN: 978-4-8222-4622-8